二人の憧れの結婚式を挙げる|婚約指輪は愛の証

Wedding Ring

重要な指輪選び

静かな少人数結婚式を挙げませんか?こちらは無料のフォトプランもあるので、多くのカップルから人気です。

世界に二つだけの結婚指輪

結婚指輪選びは、結婚準備の中でも楽しみな準備の一つです。最近では結婚指輪を取り扱うお店や工房も増え、各店個性的なデザインも多く見られるようになりました。しかし、いくら個性的とはいえお店で販売されているものは誰かも持っているかもしれない結婚指輪です。誰も持っていない指輪を身に着けたい、そんな時は結婚指輪を手作りしてみましょう。 元々指輪を制作している人でなければ、結婚指輪を手作りするには専門の工房を訪ねるのが一番です。専門の工房では専任のスタッフさんが完成までサポートしてくれるため、手作りに自信がない人や不器用な人でも安心です。指輪はデザインから二人で決めることができるため、世界でふたつしかない結婚指輪を作ることができます。完成する頃には絆も深まり、より良い結婚生活をスタートできるのではないでしょうか。

指輪を手作りするには

結婚指輪を手作りしたい工房が決まったら、まずはデザインを決めましょう。工房のスタッフさんと打ち合わせながら、より理想的な指輪をデザインしていきます。理想の指輪像が曖昧な方でも、基本となるデザイン画が用意されているのでそこからイメージを膨らませていきましょう。デザインが決定したら、プロの方も使用するワックスという素材で指輪の原型を作っていきます。作業は何度でもやり直すことができるため安心です。作業時間は2〜3時間ほどかかります。原型が完成したら工房の方に預かっていただき、職人による鋳造作業が始まります。鋳造後は宝石を入れたり、刻印をしたり、最後の仕上げ作業もプロが行うため既製品に劣らない指輪が完成します。完成までは大体1〜2か月かかりますので、結婚式に間に合うよう日程を調整しましょう。 お互いの指輪を作り合ったり、作業風景を撮影して結婚式で流すのも素敵ですね。思い出に残る結婚指輪、是非手作りしてみてはいかがでしょうか。

婚約指輪の選択

結婚を約束し、その証として男性から女性に渡されるのが婚約指輪sです。最近では渡す際にサプライズ演出するより、ちゃんとしたサイズの指輪を購入するため二人で指輪を選びに行くカップルが増えています。

Read more

左手に輝く指輪

結婚指輪を左手の薬指に嵌めるのは、ギリシャ神話が由来になっています。それには二人の愛をより強いものにするという意味が込められていて、9世紀頃から伝えられています。

Read more

ダイヤの指輪

結婚指輪に使用される宝石として一般的なのがダイヤモンドです。ダイヤモンドには段階があり、大きさや招待によってその価値が決まります。納得のいく指輪を選択するのが大切です。

Read more
ページトップへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加