二人の憧れの結婚式を挙げる|婚約指輪は愛の証

Wedding Ring

婚約指輪の選択

給料3カ月分も今も金額は変わらない。

婚約指輪は、近い将来結婚をするカップルの男性が女性に送るものです。中には婚約指輪を用意してプロポーズしたのにふられてしまった人もいるかもしれませんが、ここで書くのはあくまで結婚をする約束をしたお二人に関しての婚約指輪の事です。 昔はお給料3カ月分等とCMで流れていたような婚約指輪ですが、今はどうなのでしょうか。 全国平均を見てみますと、現在婚約指輪は20万円〜30万円前後が相場です。 昔と比べたら安いじゃないの。そう思ったあなたは残念ながら間違えています。実は給料三ヶ月分の時代も今も、婚約指輪に関してはこの価格が相場なのです。それには当時のレートが関係しているのですが、要は昔から婚約指輪はこの辺りの金額で選ばれていたと言う事であり、相場もさほど変わっていないと言うことになります。

婚約指輪をはめる機会をもっと増やしたい。

このような婚約指輪ですが、 最近ではサプライズで手渡すやり方より、2人で一緒に指輪を見に行くカップルが増えています。 その理由として、サプライズでは男性だけが指輪を選ぶので、指の号数以外まで気が廻っていないと言うことがあげられます。とにかく彼女の指にはまれば良いと思っている訳ではないのでしょうが、デザインや実用性の面において、女性側の期待に添っていないことが多いのです。こうした問題を解決するには二人で来店し、選ぶと言う形がベストのようで、そうしたカップルが着実に増え、婚約指輪は婚約の時期が過ぎたら箪笥の肥やしにと云った流れも減少しています。 婚約指輪は女性側にとっては特に、そして2人にとっても大切な想い出の品となりますので、熟考した上で選ばれるのが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加